審査が通りやすいおまとめローンは?低金利の銀行はこちら

おまとめローンは頻繁に利用するものではない?

おまとめローンは頻繁に利用するものではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問はおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「おまとめローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

おまとめローンとは複数の金融機関から借り入れをしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけて既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンという商品名でおまとめローンを提供している金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行のおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査されこれらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない原因をつきとめることが先決です。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

銀行では、おまとめローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

おまとめローンを組む際に最も簡単な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。

おまとめローンに申し込んだら審査に落ちた

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因がわからなければ、次のおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、これらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなり個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問は金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いので初めておまとめローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

銀行のフリーローンであれば事業用資金以外は使い途は自由となっているのですが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

ですが、消費者金融は銀行よりも断然審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

おまとめローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

参考:http://www.urbanwallflower.com/

おまとめローンのサービスを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

消費者金融は総量規制を受けるため年収の1/3を超える融資ができませんがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とはおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローンの審査落ちした人は通らない理由を自己分析する必要があります。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査がありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

金融業界では多重債務者は好まれませんので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

銀行が提供しているおまとめローンならその方向性でも問題ないと思うのですが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に使えない可能性があります。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんのでなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

複数から借り入れている多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがフリーローンで対応することができます。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高い人ほど適用金利は下げられますからおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。


Copyright (C) 2018 審査が通りやすいおまとめローンは?低金利の銀行はこちら All Rights Reserved.