クローズエンド型投資信託とは?について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

クローズエンド型投資信託とは?

クローズエンド型投資信託とは、発行者が発行証券を買い戻すことを保証していないタイプの投資信託です。

投資家の立場から見てみると、純資産の価値に基づいて付けられた価格での、換金というのは保障されていません。

ですから、ほとんどの場合には、発行証券は金融商品取引所などのマーケットの値段に基づいて取引が行われていることになります。

ですから、絶対に売買に用いられる値段は純資産の値段とは同じであるというわけではありません。

実際よりも、高く評価されていることもありますし、逆に実際の評価よりも低く評価されていることもあるのです。

反対の言葉として、クローズエンド型投資信託に対して、オープンエンド型投資信託という言葉があります。

クローズエンド型投資信託は資産を取り戻すことができないタイプの投資信託であります。

解約できる場合には先ほど逆であると紹介したオープンエンド型をいいます。

ファンドの発行する証券を、投資家の請求によって純資産額で取り崩して換金できないのが特徴ですが、クローズエンド型の投資信託は、流動性に乏しい特徴があり、日々時価評価することが難しい資産に対して投資をする場合に使われます。

換金性が担保になっていてマーケットに上場されているので、投資家は市場で売却することによって換金可能です。

不動産投資法人や非上場株式に投資している投資法人などがクローズエンド型投資信託を行っていることが多いでしょう。