教育ローンの選び方について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

教育ローンの選び方

教育ローンとは、子供の進学費用として使用することを目的とした目的別ローンです。

目的別ローンの特徴として低い金利が設定されていますが、教育ローンではさらに金利面で優遇されています。

教育ローンは銀行などの金融機関、郵便局そして国が管理している教育ローンもあります。

・銀行の教育ローン ほとんどが無担保で保証人の必要がありません。

契約時に銀行が指定する保証会社に保証を依頼します。

融資の使用途は学費の他、留学費用にあてることもできます。

銀行の教育ローンは固定金利型と変動金利型があります。

どのタイプでも、在学期間中は金利だけを支払って、元金の支払いは卒業まで据え置くことができます。

・郵便局の教育ローン 全国の郵便局、ゆうちょ銀行で扱っている「郵貯貸付」ののひとつです。

教育積立郵便貯金の積立を行っていないと教育ローンを利用することができません。

融資金額は200万円を上限として、積み立てている金額が上限金額になります。

連帯保証人が必要で、金利は固定制です。

・国の教育ローン 国の教育ローンで一般的なものは「教育一般貸付」です。

国民生活金融公庫が取り扱っています。

このローンは一般の金融機関に比べて低い金利が設定されています。

固定金利性ですのでマネープランも立てやすくなっています。

申し込み期間の制限もありませんから、合格する前に入学金として準備しておくことも可能です。

申し込みの手続きは国民生活金融公庫の窓口だけではなく、銀行や信用金庫、労働金庫、JAバンクでも行っています。

その他の金融機関も様々なメリットのある教育ローンを準備しています。

まずはお近くの金融機関や「教育ローンコールセンター」(0570-008565)に問い合わせてみましょう。