マルチビタミンの効果って?について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

マルチビタミンの効果って?

マルチビタミンとは、複数の種類のビタミンを含有しているサプリメントの総称です。

一粒で複数のビタミンをまとめて摂取することができるので人気を博しています。

ビタミンには一般にはあまり知られていない「ビオチン」や「葉酸」などを含め、全部で13種類が存在します。

最近では、これらの中から「ビタミンK」を除いた12種類が入ったサプリメントがマルチビタミンの主流となっています。

安価でしかも様々な効果を一度に得られるので、サプリメントの入門商品としても有名です。

例えば、健康な骨を維持するためにはビタミンC・Dが欠かせません。

血液を作る際には、ビタミンB12・B6・葉酸などが必要です。

こうした栄養素を複合的にバランスよく、手軽に摂取できる点が最大のメリットといえるでしょう。

マルチビタミンには、天然成分に由来するものと、合成成分に由来するものの2種類が存在します。

効果の点ではそれほど大きな違いはないようですが、一説によると天然の方が抗酸化能力が高い、吸収率が良いのではないかという意見もあります。

ただし、天然由来のマルチビタミンはやや高価になる傾向があります。

一般に市販されているサプリメントは、合成成分によるものが大半です。

かつてはサプリメント先進国であるアメリカのマルチビタミンが重宝されていましたが、近年では国内の製品とそれほど品質の違いはないようです。

天然サプリメントや加工技術にこだわりが無ければ、安価な国内の製品を買うことをおすすめします。