審査が通りやすいおまとめローンは?低金利の銀行はこちら

住宅ローンを組む際にカードローン

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で、追加で住宅ローンの融資を受けるのは審査が通らないだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新しい借入先を見つけ既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンという商品名でおまとめローンを提供している金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが消費者金融、銀行どちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンはそのような多重債務者を救済するための商品なので前向きに検討することをおすすめします。

おまとめローンの審査落ちした人は通らない原因をつきとめることが先決です。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが平均レベルに達していれば審査落ちする可能性は低いです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用すると借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが借入件数が多いほど審査は不利になります。

月々の返済額がキツくなったという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがフリーローンで対応することができます。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%低金利な上に来店不要という点も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とは貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、貸付利率は7.7%〜18.0%と高めの設定になっています。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

Copyright (C) 2018 審査が通りやすいおまとめローンは?低金利の銀行はこちら All Rights Reserved.