審査が通りやすいおまとめローンは?低金利の銀行はこちら

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っている

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

実質年利は6.3から17.8%なので高めの金利ですが、銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

金融業者にはおまとめローンを用意しているところもありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などは各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借り入れの総額がどれくらいになったら、おまとめローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を検討している人は、是非検索してみてください。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

メリットばかりが強調されるおまとめローンですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが借入件数が多いほど審査は不利になります。

月々の返済額がキツくなったという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがフリーローンで対応することができます。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが専業主婦の方は申し込むことができません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

Copyright (C) 2018 審査が通りやすいおまとめローンは?低金利の銀行はこちら All Rights Reserved.