トリマー資格取得方法について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

トリマー資格取得方法

ペットブームの影響もあり、トリマーの資格にも注目が集まるようになっています。

犬やネコなどは体毛の手入れが重要になってきます。

また皮膚病にかかる可能性も高く、衛生的な環境を維持することが大事なのです。

トリマーはそんなペットの健康状態の維持を担う重要な仕事なのです。

また、最近ではペットをオシャレにしたいと思う飼い主の間でも需要が高まっています。

このトリマーの資格は民間資格で、ジャパンケンネルクラブが主催しているものがあります。

この資格は4段階に分かれており、それぞれ一定の受験資格があります。

まずC級では「ジャパンケンネルクラブ会員の資格を2年間保持し、ブロック協議会から受験資格を与えられた者」か「公認トリマー養成機関で課程を修了した者」となっています。

B級では「C級資格を取得して2年以上が経過し、ブロック協議会から受験資格を与えられた物」か「公認トリマー養成機関でC級を取得したあとも引き続き1年以上在学して課程を修了した者」となっています。

A級では「B級を取得して3年以上が経過し、ブロック協議会から受験資格を与えられた者」か「公認トラマー養成機関でB級取得後引き続き2年以上在籍し課程を修了した者」となります。

最上級の「教士」では「27歳以上でA級資格を取得してから5年以上が経過し、ブロック協議会及び在籍する養成機関から受験資格を与えられた者」となっています。

このように、受験のハードルが非常に高いのが特徴となっています。

試験は筆記と実技の2種類で筆記は70点以上が合格ライン。

ハードルが高いこともあってか合格率は90%程度と非常に高くなっています。